4月 (April)

d0334413_16542937.jpg

[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-30 23:59 | カレンダー | Comments(0)

d0334413_16323850.jpg

「雪の中で育った葱なので早く食べて」ったって量が多いのよなぁ。
根っこが付いたままなので肥料をやり庭に植えた。
食べたい時に根を残し新鮮ネギが食べられるハズ、冷蔵庫野菜室に入れて悪くしちゃう長ネギにはいい方法じゃねぇ~かぁ。






d0334413_16325381.jpg

三箇所に分けて植えた。
右のネギは近々酢味噌和えにする、近々って今夜。
チョッとつまんでなのでこれで一回には十分の量なので、頂きネギの多さが分かる。
もっと長ネギを喰わねばナ。





d0334413_16331384.jpg

毎年、毎年庭のあちこちで顔を出す通称(オレだけ)線香ネギ、もともとは健康優良長ネギだったものが、
やせた土に痩せ衰えても雑草のように生えてくる。
これを年二回切り取ってみじんきりにしフリーザ・パックに小分けし冷凍保存で一年間のネギをまかなっているんだ。
今年は肥料を与えてみたがどォ~なるこったかぁ。

赤茶の薄いように伸びてきてるのはニラ、これも勝手に増え食べ切れていない野菜。
後、雑草を負けらす勢いなのが三つ葉、まぁ~喰える雑草と思えば楽しいか。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-27 10:13 | 食材 | Comments(0)

開花し過ぎ

d0334413_1645357.jpg

部屋の一角が激辛唐辛子の苗で埋まってるような状態の中でハラペーニョが花を咲かせ始めた。






d0334413_165321.jpg

芽の出る確率を25%と読んで、3袋の種を購入した訳。
一袋に46粒入っていて発芽したのが45.

試しに玄関フード(空調室)に一晩置いたら、翌朝葉をダラリと下げ、人間で言うなら低体温で瀕死ってとこだった。
室内に持ち込んで半日で生還。






d0334413_7283293.jpg

5月初め頃にでも庭に下ろせたらと思うがこんなに育って根付けるか心配になる。
元農家さんが「大きくし過ぎるとハウスに移し根付くかなぁ~」と、ビニール・ハウスを組むのは5月に入ってからだそう。

早くカッコウが鳴かないかなぁ。
カッコウが鳴いたら畑植え開始の合図と聞いている。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-26 07:46 | 激辛唐辛子 | Comments(0)

ブロッコリーの茎

d0334413_20191317.jpg

ブロッコリーの太い茎を皮ごとスープに、皮をむくのって勿体ない。
頭のでかいブロッコリーを支えてるくきにの皮って養分あるハズって思う。

食べる中休みというか、半分忘れかけてたキャベツも少し入れちゃえ。
できあがったスープを一日冷蔵庫に入れてから飲むと美味さを増すってかぁ。
そうする。





d0334413_20193580.jpg

室内で野営気分をチョとあじ合う飯。
何が野営飯?
器、皿だ。
ホークと一皿に混戦盛りと、一杯分が細長い小袋がひと箱に30袋は入った『紅茶オレ』
今年からコーヒードリッパーと紅茶オレをコンビで携帯、これいいやぁ。





d0334413_20203724.jpg

このまま二回り大きなビニールポットに植え替え庭に移せる5月始めを待つ。
凄い根っこの強さ。
小さな芽は種を蒔いてひと月以上過ぎても発芽しなかったプード・ジョロキアの土をハラペーニョに使ったら、根元で発芽してやんのっ。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-25 07:48 | 食材 | Comments(0)

d0334413_632261.jpg

頂き物の苺でドタバタしたその後、苺の苗3種6個買ってきたつもりでいた。






d0334413_22203727.jpg

実が土に触れるのを防ぎやすくできるだろうと暗渠管で6個分の用意をし植えたら
苺の苗一個余ってる。
苗用浅底ダンボール(店に用意されている)に『2個ずつ3種で6苗』と決めちゃって1個多く入れてた。
どうりで支払いの時『ン・・・?高くねぇ~』







d0334413_2220473.jpg

土に完全発酵たい肥と化成肥料に油粕を混ぜ合わせ植え付け完了。
オレはあまり好きじゃない苺、家のモンが帰ってきて家に入る前、庭でもぎたてを喰らうのが好きらしいので、今年あたらしい苗を植えた。
どれだけ大きく甘い苺を育てられるかってのが楽しみだ。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-24 06:15 | | Comments(0)