カテゴリ:保存食( 27 )

鱈のすきみ?

d0334413_12141070.jpg

鱈を三枚に下ろし塩をして干した『鱈のすきみじゃネェ?』
子どもの頃のは、三枚に下ろししょっぱ過ぎる塩味の身を干し、そのままの形で売っていたのが
鱈のすきみ。

これはその当時のよりも柔らかくて摘まみやすい大きさにカットしているが、しょっぱいのは変わらないナ。








d0334413_1214384.jpg

つまみ鱈ってしょっぱ過ぎて“つまみ”じゃねぇ~やぁ。

更に細く千切ってお茶漬けだな。

懐かしさでカゴに入れ、帰ってきて喰いあまりのしょっぱさにパッケージをじっくり見た。
それで初めて値段を知り「たっけぇ~!!」
税込み626円ダァ。

見て懐かしいモンだったり、変わった初物などと出会うとその時の気まぐれな興味で買っちゃう。
パッケージに書いてある値段とか賞味期限などなどは見ない、
この場合い目に入ったのはピンクのパッケージに書かれた『つまみ鱈』だけ。

そうだぁ、お茶漬けにしようと思いついたら
『お茶漬け、いま喰いたくない』
とうぶんかも知れん。








d0334413_8555530.jpg

2~3日まえに家の前道路に排雪が入った。

道幅も広くなった。

次に日、雪が10cm弱降った。

また次の日15cmほど降り吹雪模様。

排雪が入りスキッとすると必ず雪が降り除雪車が通る。

道路の両サイドに雪を押しのけて行っちゃった。

(ここはホームセンターの竹置き場)
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2017-02-28 00:00 | 保存食 | Comments(0)

チンして喰う飯

d0334413_16312577.jpg

スーパーでこういうのと出くわすと駄目だ。
右手が動き出してカゴに入れちゃう。

丸美屋めしシリーズてのかぁ

麻婆丼(中辛)
麻婆丼(辛口)
ビビンバ
五目中華丼
とり釜めし
五目釜めし
松茸釜めし
五穀・海鮮あんかけ
五穀・野菜あんかけ
チーズクリームリゾット
五穀・完熟トマトリゾット ・・・・・ あったら完全に買っていた。

ビビンバは文句なしに2個買った。
とり釜めしは美唄の“とりめし”を思い出したかぁ? 一個。
あんかけって苦手、そんな中から五穀ってのもあまり好きじゃないが海鮮あんかけの3種買っちゃったがまだ喰っていない。

レジでビビンバの値を打ちながら
「これ美味しいですよ」って
「・・・・・・・」

これで『これ美味いのか』っていう不安とワクワク感から少し薄まってまった。









人気ブログランキングへ
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2017-01-10 07:29 | 保存食 | Comments(2)

ドライカボチャ

d0334413_16393267.jpg

カチンカチンに干しあがったホコホコかぼちゃを一晩水に漬けて戻す。
漫才のあれじゃないが「カッチカチやぞぉ」

乾燥カボチャは大量に作ったのでゆっくりとカボチャを使った料理を楽しめる。






d0334413_1640221.jpg

一昼夜経って柔らかくなった。
手触りは柔らかいゴムってところかな。







d0334413_16403125.jpg

煮込んでも煮崩れしたのと、しないのがあって煮崩れした星カボチャはスープに溶けこみ按配もグッドでした。
皮も普通に喰えた。








人気ブログランキングへ
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-12-28 00:00 | 保存食 | Comments(0)

乾燥カボチャ

d0334413_20313030.jpg

だいぶん干せてきた。
今年貰ったカボチャはどれもホコホコ栗カボチャの様なのばかりでペーストにし冷凍保存も冷凍庫が満杯、乾燥させ保存するのが一番とセッセとカボチャ干し。








d0334413_20313753.jpg

こっちは干しあがったモンで食べる時には水で戻し味噌汁、おしるこなど色々と傷む心配なしでマイペースで食べれる。








d0334413_20315724.jpg

干しあがったら次々と干していく、干して半日目のカボチャ。
24時間石油ストーブは燃えているので乾燥するのも早い、早い。

もう少し完全乾燥を作り、最後は生干せをチョと、これなら戻さなくても調理できるしジブロックに入れ冷蔵庫で日持ちさせれるハズ。

次はメチャ大量の玉葱? 







d0334413_20323823.jpg

この鉢の小ぶり月下美人室内に取り込んで二度目の開花、どうしちゃったんだぁ。







d0334413_20355981.jpg

左から右に走り抜けたネズミの足跡、なんでネズミとわかるかってぇと足跡のところにダリの髭の片方の様なピョンと残ってるのが尾っぽォ。
足跡は自前作りの物置の下の隙間まで残ってた。
頼むから自前物置の床を齧らないでチューだいなって本気で心配してる。





人気ブログランキングへ
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-11-27 00:00 | 保存食 | Comments(2)

秋刀魚と南瓜

d0334413_17494934.jpg

秋刀魚を焼いて醤油に漬けるだけで美味しいらしいと聞き内臓もそのまま焼き漬けてみたが美味いのかぁよ。






d0334413_17502216.jpg

横から見ると『?』
秋刀魚が不味かったら漬け醤油は秋刀魚のエキスが入った秋刀魚醤油つまり魚醤か。
ンなこたぁ~ないなぁ。







d0334413_17502879.jpg

焼いて大根おろしと醤油で食べた方がよかったかなって思ったりしてる、美味い事を祈ってもう一杯。






d0334413_17503810.jpg

煮付けやペーストにしておいてスープ、カボチャ団子の味噌汁などと色々と楽しんで食べているが、それでもカボチャなんだな。
そこで5mmの厚さに切って乾燥野菜にしてみることにした。
24時間ストーブを点けっぱなしなので4~5日で出来上がる予定、これなら長期保存バッチリでしょう。
乾燥カボチャ作りはまだまだ続く。

昨日大量に玉葱を頂きやした。
置き場を間違えると芽を出したり凍ってしまう、輪切りにして乾燥玉葱って室内では干せない、北風吹いて太陽さんが出てたら天火干しにと思っとります。








人気ブログランキングへ
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-11-21 00:00 | 保存食 | Comments(0)

漬けあがったニシン漬け

d0334413_551360.jpg

さっそく食べてみる。

どこかで食べたことがらったような気がする漬物。

この漬物を食べているうちに粕漬けが付け上がる、

その日は11月14日。

昨日、小ぶりな大根を数本頂いたのでもう少し手の込んだ漬物にチャレンジだ。








人気ブログランキングへ
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-11-08 06:03 | 保存食 | Comments(0)

キノコの保存作業

d0334413_10514269.jpg

二日前に行って最高収穫量となったエノキダケ、冷凍専用庫も冷蔵庫の冷凍室も満杯状態なのでどうする。
半分は冷凍して家の者が札幌の友人に持っていったがオレんチじゃ冷凍は数量オーバーです。







d0334413_10524814.jpg

そこで、湯煮した熱々を煮汁ごと保存ビンに入れゆるく締め熱湯で更に約1時間、それをすばやく蓋をキッチリ閉めるける。
去年、この作業をズルしたのでヌメリスギモドキタケ(ヤナギキノコ)数十個腐敗させ冬の食の楽しみ消滅
なんにしても、ズルはいけませんなぁ。







d0334413_1053545.jpg

蓋をキッチリ締め付けたら逆さまにして冷めるのを待って出来上がり、だけどもエノキダケは生冷凍保存して喰いたいが冬季間楽しめる分の冷凍も十分あるし、
残ったキノコは長期保存の効くビン詰めにした。






d0334413_11273924.jpg

ビンに詰める時に湯煮した煮汁、キノコの出しがでまくってるって言う煮汁、棄てられネェ~。
蟹も茹でると茹で湯に蟹出しが出ちゃう、その茹で汁で作った味噌汁が有名な“てっぽう汁”
キノコだってそうだよなぁ、とこれで色々な料理に使っちゃうゾぉ~。







d0334413_10532477.jpg

今年のカボチャはどれもこれもホッコホッコ、そのカボチャでコロッケを作って上手く出来たり失敗気味だったりと懲りもせずコロッケを作っている。
茹でたカボチャを潰し冷凍していた大根の葉と赤カブの葉をみじん切り、厚切りハムもみじん切りし混ぜ中心に入れたつもりのトロケルチーズ、
これが半分くらいのコロッケにゃ、横にそれ揚げてパンク、自分で喰うからマッいいか。
マヨネーズにハバネロペーストに醤油を垂らし混ぜ、それにコロッケをつけて『美味いね』







d0334413_10533041.jpg

ニシンの煮付け、皮が剥がれちゃ見た目での食欲低下も好きな食べ物。
ニシンの焼きや煮つけ好物も、ホッケの焼きも煮付けも嫌いだ。
ホッケって魚のくせに鱗が無い、そこも嫌いだ。

仕事で長期離島に行っていたとき、ルアー釣りでホッケを毎晩大漁だった。
島の年寄りたちに分けてやっても始末できない量で民宿のオッカサンに
「オレ達の食事に出さないなら釣ったホッケやるけど、どうする?」て聞くと、
「わだしぃ(私)そんな事してまでしょうばいしません」
それで以後釣り上げたホッケを全て民宿オッカサン行きに。

一月ごくらいからホッケがホツホツと食卓に現れ最後には連日ホッケ、ホッケ、
「オレの釣ってきたホッケだ」







d0334413_10533596.jpg

エノキダケと豆腐の味噌汁、大根下ろしより豆腐の方が美味い。









d0334413_1054740.jpg

日曜日の朝も雪、これじゃエノキダケ見つけれない、これで今年のキノコ採りも終わりかなぁ。














人気ブログランキングへ
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-11-06 11:55 | 保存食 | Comments(0)

大根とキャベツのニシン漬け

d0334413_712253.jpg

米の研ぎ汁で柔らかくした身欠ニシンの鱗を落とし本漬けの準備。

長年使い込んでいる安モンのキャンプ用ナイフの背にある鱗落しで、結構しつこい鱗もなんとか落としたつもり。

下漬けの野菜、太すぎる大根、人参、キャベツ。

人参は雑な千切りとここまでは順調で自己採点では100点満点。






d0334413_722110.jpg

塩と水を加え三日三晩冷蔵庫。






d0334413_8164517.jpg

下漬け明けて、米麹を湯に漬け混ぜ込む準備だ。

戻したニシン半身4本を雑な千切り。

これから麹、ニシンの千切り、生姜の千切り一カケ分、粗すり韓国赤唐辛子を混ぜ込む寸前って保々生ゴミ状態で『美味しく漬かるんだろうなぁ~?』とチョと心配。






d0334413_8171040.jpg

減点だ。
千切りしてると落とし残しの鱗がまな板にひっついてる。
昔の人は錆び付いた出刃包丁で鱗をきれいに取り野菜も大胆に切って腕まくりし両手を樽に突っ込んで混ぜ合わせていた。
今、良い道具にレシピも満載、でも昔の人には敵わんなぁ~。
姑さんにいびられながら教えこまれた味ってかぁ。






d0334413_8172019.jpg

何とか麹やニシンを混ぜ終え空気を出来るだけ抜いて仕込み終了。





d0334413_8172826.jpg

袋を二重にし漬け物ようタッパに入れて冷蔵庫で5日間、11月の6日に食べれる。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-11-02 08:52 | 保存食 | Comments(0)

漬物とカボチャの煮物

d0334413_3421279.jpg

皮付きのまま薄い銀杏切りにし、干してカラカラに干し漬けた大根、美味いのだが両奥歯を部分入歯のオレ、
噛んだら干した分硬くて「いてェ~」
前歯でせこくコリコリってどうなんだぁって漬物。







d0334413_3422288.jpg

サワー漬けと鍋焼き用に作ったうどん汁が多かったので余った汁で煮たホコホコかぼちゃと部分入歯の天敵漬物。







d0334413_3433032.jpg

だし汁が染み込んで見て直ぐ分るカボチャのホコホコ感、こんなにホコホコなカボチャここ数十年で初でっせぇ。

カボチャを栽培して届けてくれた人に
「まっちゃホコホコしてて美味いカボチャだなぁ」と『えっ、本とォ~よかった“もう1個あげる”』を期待してたが
「えっ、本とォ~よかった」で終わっちゃった。
オレの魂胆大外れ、競馬も駄目だなぁ。






d0334413_3443947.jpg

ドレッシングをかけてサラダ。
違うハバネロを半分や4等分の輪切りにし種を取り除いて乾燥ハバネロを作ってます。
手間暇のかかる激辛唐辛子ハバネロだ。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-10-30 10:55 | 保存食 | Comments(2)

大根の粕漬け

d0334413_6462139.jpg

「大根も漬けるなら20本でも30本でもやるよ」って、オレは慌てて「2~3本、2~3本でいい」
それでも10数本置いていくんで色々と大根の漬物に挑戦しようと今回は“粕漬け”

少量ずつ種類たくさん漬けて楽しもうって魂胆で酒粕買ってきた。







d0334413_6462868.jpg

半分の大根を縦四等分にカットして保存用ビニール袋に入れ塩、空気を抜いてチャックし冷蔵庫で5日間漬け込んだ。
大根から水分が出て漬かった大根の水分をキッチンペーパーで拭き取り







d0334413_647156.jpg

酒粕に味醂、砂糖、焼酎を混ぜ練り込んで保存袋に大根と一緒に入れ大根を粕で包み込み密閉です。







d0334413_6477100.jpg

一人でデジカメと粕漬け作業をしているとこんな風にもなってしまう。
大根と酒粕を入れているところを撮ったつもり。

スーパーの漬物コーナーへ行くと売っている酒粕がデカ袋、オレが必要な量は500gだっつうの。
半分あきらめかけてると他の食品棚で甘酒でも作るような小分け酒粕を発見250g入り二つで漬ける事ができた。
ほかの家庭と漬ける規模が違いすぎる。









d0334413_6474845.jpg

これで冷蔵庫で11月14日まで大根に漬かってもらい、後はどんな味になるか楽しんで待つだけ。

次は“ニシン漬け”
『身欠ニシンとキャベツ買わなきゃ』
身欠ニシンも箱入りで、そんなに入っていても使いきれねぇ~って悩んでいたら、
有ったねぇ、5本入りパックが、2本余るけど仕方が無い。

身欠ニシンを戻すのに米のとぎ汁で3日間、戻しあがる日にキャベツをと考えていたら
キャベツを貰っちゃった。
超ラッキー。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-10-26 07:41 | 保存食 | Comments(2)