馬鈴薯

d0334413_11434339.jpg

ジャガイモ、馬鈴薯、芋。
秋に収穫され土中保管されていた芋を掘り出すのが今頃の季節になるんだなぁ。
「芋を掘りおこしたから、要る?」と日ごろ何かとお世話になっている元農家さん。
勿論「頂ィ~まっ」

でもよ。
農家さん、元農家さん、この町の人の少しって量はこんだけぇ。






d0334413_11435394.jpg

その前に、別の人から貰った掘りおこしジャガ芋をやっとここまで食べてたが芽を出し始めてんだなぁ。







d0334413_11435961.jpg

これなんか見て痒くなりそうなほど芽をだしちゃってる。
「この芋、皮をむきやすいよ」と貰ってきた。

おすそ分けしたり、茹でて潰しフリーザパックに入れ冷凍保存、芋料理で喰うも減りません。






d0334413_1621980.jpg

せっせと喰う。
苺に林檎のコンポートにポテサラ。





d0334413_16211669.jpg

ここで気が付いた。
林檎のコンポートとポテサラを一緒に食べる。
合うし美味い。

そい言えば林檎がまだ半分残ってるんだっけぇ。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-23 07:38 | 食材 | Comments(0)

施工ミス??

d0334413_1674035.jpg

物置の基礎2個の外側素焼き暗渠管が割れた。

暗渠管とモルタルの隙間に水滴が入り凍って膨張し破損したんだ。
管が割れても強度は変わらないが、見た目が悪い、ここなら直せるでしょう。

見えて、手の届く処の継ぎ目部分一帯に防水コーキングをしなきゃなんねぇ~ナ。

建物より出てるのが一番の原因かも。




d0334413_1675034.jpg

この場所って、直したいが手も足も出ません。

何でこったい。





d0334413_168922.jpg

破損近くに咲く白いクロッカスの花。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-21 06:43 | なんてぇこったい! | Comments(0)

林檎 と 苺

d0334413_161484.jpg

林檎ジャムの5~6歩前だなぁ。







d0334413_1612883.jpg

砂糖やレモン汁に水などでコトコトと煮込む。
林檎3個半、後の半分は皮ごと齧り付いて喰っちゃった。





d0334413_1623577.jpg

林檎が36個(この下にもう18個)、苺が一箱4ケース入り5箱、一箱は台所に置いて気分しだいで一個、二個と口に放り込んでいるから写っているのは四箱。
これを家のモンが小さな親切のお礼にと頂いた物で『多くネェ~』

近所の若い家族さんにお裾分け。
その後の夕食どきに食べようとして小さなボウルに移し変え吃驚仰天!
一部の苺にカビだぁ。
瞬間、若い家族の事がぁ、
厳選選別した苺を届けたが小さな可愛いまもなく3歳になる女の子に『申し訳ないっ』

この子を見た日の夜は必ず娘久美さんが同じ3歳頃の夢を見る。
苺では悪い事しちゃった。

頂いてそのまま重ねて写真のように娘の部屋に置きっぱなし、それってカビ発生するよナ。





d0334413_225741.jpg

苺 と 林檎ォ~。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-20 06:15 | 食材 | Comments(0)

クロッカスと水仙

d0334413_6265526.jpg

家を中心に東西南北、色々な場所に水仙を植えている。
ここは一等地、のハズ。








d0334413_627972.jpg

日当たり悪く一気にに咲けないクロッカス、その分長く楽しめる。
白いクロッカスでうめ尽くしたいんだけれど上手くいかないんだなぁ。





d0334413_6271996.jpg

一番条件の悪い所に植えたのにいい感じじゃねぇ。





d0334413_6272923.jpg

上左・・・駐車場の後ろ、日当たり最悪。
上右・・・手作り(自前)物置入り口右前。

下左・・・北のアジサイに挟まれた最後まで雪が残る場所。
東、プルーンの木の根元。



d0334413_6273947.jpg

ホームタンクの下で葉の伸びが無いのに花蕾が多い、なんでだぁ。
この他、あっちこっちに植えて何処が打一番育ちがいいかと考え、色々植える参考にしようと思ったが、
ぜんぜんやくにたってなぁ~いのだぁ。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-19 00:00 | | Comments(0)

煮込み で のっ込み

d0334413_17211863.jpg

トマトソースでガツンと煮込んだ料理が好きだ。
2~3日冷蔵庫に入れほったらかしてからが、またまた美味い。
肉は鶏だがこの料理の主役は鶏や野菜類の旨味を取り込んだトマトソースつう訳。
ご飯、パン、茹でた熱々うどんに掛け、パスターに、と何にでも合う。

野菜類は半分以上とろけちゃうほど煮込む、鶏肉もスプーンを当てるとホロホロっと崩れるんだ。
日帰りの釣りに丸ハンゴに入れ持って行く飯の一つ。








d0334413_1722454.jpg

保々出来上がっているトマトソース鍋の横でチキンを皮パリに焼き、ソース鍋に入れ超弱火でコトコト。
5月になったらヘラ鮒や鯉の産卵、のっ込みってやつ、この飯もって行かねばなんねぇ。
昨日釣り場の下見をしてきました。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-04-17 00:00 | 料理 | Comments(0)