チキン

d0334413_11372723.jpg

チキンのトマトソースでリクエストの多い料理の一つだ。
チキンのモモ肉を買ってきて「これで何か作ってくれるといいんだよね」と言いながら冷蔵庫に入れる者がいたりする。
それ以上は言わないんだ。言ったときにオレの虫の居所がチョと悪いと知らんふりか「チッ!」と舌打ちし何時までもチキンは冷蔵庫の中。
こんかいはスムーズに調理開始。






d0334413_11381172.jpg

三人分と下右はピクルスと生野菜を刻んだものにピクルスの漬け込み液を加えたものを乗せて、たっぷりと乗せて喰う。

だいたいピクルス苦手のな家のモン、好物なオレの組み合わせってチョーラッキーだぁ。
梅干し
ハバネロやブート・ジョロキア
も、娘のいない今の家では超ラッキーな独りじめでっせぇ。








d0334413_11385512.jpg

何種類かの自前ドライハーブを小さなすり鉢ですり振りかけて放置し、その後塩振って小麦粉はたいて
仕込み作業ハーブや塩に小麦粉振ったり焼いたり忙しい。





d0334413_1139473.jpg

ソースを作り、その隣でチキンをきつね色にコンガリと焼き、焼きあがったら左のトマトソースへ入れてコトコトと煮込んでいく。

ビンに入っているのがピクルス液ドレッシングのピクルスと生野菜のみじん切りサラダだ。
育てているハラペーニョが青い実をつけ、それを加えたやつを喰いたい、今はハラペーニョのパウダーだもんなぁ。





d0334413_11392830.jpg

ピクルスサラダを乗せて喰う。

楕円形で15cmくらいなフランスパンと同じ生地で作ったらしい一袋に5個ってパンを買ってきて
縦に切れ目を入れ、両サイドの壁?にクリームチーズを塗るようにハッ付け、開きピクルスサラダを詰め込んでガブリ。
9割がた飲み込んだところでコーヒーを飲む、これが(ここも)いいんだナァ~。

ブルーチーズのときは、舌回りに残ったブルーの味と香りのようなものが、口に入ったコーヒーで再度炸裂、本とだよ。






d0334413_11393789.jpg

オレ以外の一人の分。




d0334413_11394245.jpg

オレ以外の二人目の分。


これで朝飯ってドーなんだかぁナァって思っちゃう。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-03-14 00:00 | 料理 | Comments(0)

激辛弁当ォ~

d0334413_17154039.jpg

やきそば弁当の激辛バージョンを二個買いもう一度じっくりと味わってみた。
北海道工場からお届けします“期間限定”の激辛やきそば弁当なんだそうです。
これにも中華スープが付いている。





d0334413_1727123.jpg

マグカップの中の粉末が中華スープ、麺の入った容器に熱湯を注ぎ3分、棄てる湯から150ccをマグカップに注ぎ中華スープは出来あがる。






d0334413_17272034.jpg

出来上がり。
辛さは痛い辛さの部類にはいるなぁ。

美味辛の辛さではない、美味いかと聞かれりゃ
「美味いよ」なんだが痛い辛さなんだ。

辛さのレベルでは、オレが栽培し作っているハバネロやブート・ジョロキアのソースより遥か下だが
辛さの違いに分けると、このやきそば弁当の辛さは痛い辛さに分類される辛さだっつう訳。

本来の“やきそば弁当”中華スープ付きの方がいいんだなぁ。
やきそば弁当は激辛じゃないほうがオレの口に合う。
辛さのない“やきそば弁当”でオレはいいのだぁ。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-03-13 03:06 | 麺類 | Comments(2)

生卵納豆と初味噌漬け

d0334413_10225442.jpg

時々『今日は納豆ダァ、納豆が喰いたい、喰うゾォ』となる日が来る。
それが今日だった。

納豆の銘柄は『極小粒納豆4カップ』の2カップを小鉢に入れ、それぞれに付いている洋からしと醤油、
洋からしは2袋を入れるが醤油は1袋だけ入れ生卵を1っこ、それを箸で混ぜる。

飯の上からかけ混ぜてっていう喰い方はしない、別々に食べるんだ。
飯は飯、生卵納豆は納豆と別々に。


キュウリの味噌漬けを浅く漬けたモンとしょっぱいイクラ。






d0334413_1023715.jpg

スーパーで買ったキュウリを味噌漬けに、漬けすぎというか普通に漬かった漬物は苦手で食が進まない。
浅漬けが好物なんだなぁ。






d0334413_10231376.jpg

ときにはこんな晩飯を喰うと日本製胃袋にストンと収まりおちつく感じがする、イヤっおちつく。

もう少し米を喰わなきゃナ。
米の飯喰わなくなった。

納豆を食べ終える、茶を飲む、歯を磨くも口の中にネバッがまとわり付いて
納豆好きで納豆美味いが数日後には
『ン~にゃ~!? もう納豆喰うのやめやぁ!』


それが茶色の梨を納豆食後に食べると、ネバネバ口中がスッキっ、完璧なスッキっになる。
梨の納豆ネバすっきり成分を洋からし、醤油の小袋プラスして梨納豆ネバ除去エキス欲しい(ねぇ~かぁ)

ネバネバのない納豆?
納豆じゃないし、梨が出回る季節まで、時々喰い休んで喰うしかない納豆。

焼き崩れた魚は、シシャモ。
焦げてしまう寸前まで焼かないと喰えないからこうなってしまう。
しつこく返しては焼きするからナ、それがオレの口に合った焼き方だから「しゃあ~ないんだ」よナ。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-03-12 00:37 | 食材 | Comments(2)

ピクルスサラダを乗せて喰う

d0334413_10363824.jpg

5~6枚パックされたハンバーグという品名で売られているものや、ソーセージ、厚切りハムや焼き上げ硬いオージーなどを変わった喰う方法は、といつも考えていた。

開口さんの本、『生物としての静物』に

炭火で丹念にジワジワと焼くのだが、ロースト・ビーフとおなじで、
岩塩と焦げ目で固くなった外皮が壁になって内部の肉の柔らかさと、おつゆと、味そのものが
流出しないように守ってくれる。
そうやって焼きあげた肉の一片にモーリョ・デ・ピメンタといって、タマネギ、ピーマン。クレソンのコマギレをオリーブ油と酢でまぶしたサラダをまぶして食べるのである。
ビフテキにサラダをかけてたべるのである。


これを思い出し
ピクルスの
ミニトマト(皮なし)5個
玉ネギ 5分の1
ニンニク 一片  (と数量を書いたが、適当。)

生野菜の
ほうれん草
紫タマネギ
ピーマン
キュウリ

全てをみじん切りにし混ぜ合わせ、ハラペーニョ(パウダー)5振り
ピクルスの漬けジル

結果『いけるべぇ~やっ』







d0334413_10365397.jpg

出来あがりと、今朝はほうれん草のポタージュ作りの過程一部分。







d0334413_103714.jpg

肉にサラダをまぶして喰うて方を覚えた。
酢を使うならピクルスの漬け汁を使えだ。こんなに美味しい酢ないんだから。


ブラジル焼肉料理にまぶすモーリョ・デ・ピメンタとヴィナグレッチ、
これは何ていったらいいう?
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-03-11 00:10 | 食材 | Comments(0)

出てきた本

d0334413_17143477.jpg

読み返したくても、狭い家の中で少し長い事行方不明になっていた本が見つかった。

21枚の写真、どのも写真も帝王マイルスで良いよナァ。
本文660ページと厚い本なのにマイルス(聴いたことないが)語り口調で書かれていて読みやすい。

“まあ、聞いてくれ。
 オレの人生で最高の瞬間は、・・・・・・セックス以外のことだが、それはディズとバードが一緒に演奏しているのを初めて聴いた時だった。”

で始まる。

ディズはディジー・ガレスピー(トランペット)
バードとはチャーリー・パーカー(アルト・サックス)

“ミスターBのバンドでディズとバードを聴いた時、オレは叫んだね、「ワア、これはなんだ!?」”

Bとはビリー・エクスタイン(ボーカル)のことだし、ジャズ・ファンにとっちゃ~よだれモン、
マイルスを通して他のビッグ・ジャズ・ミユジシャンの事もよく分かるし読んでワクワクする。

ビデオで聴いたマイルスのあのシャガレ声が聞こえそうな嬉しい一冊だぁ。







d0334413_17144324.jpg

なんで探し出せなかったかぁっていうと、こんなブックカバーをし、落語本の間に挟まっていたから
忘れっぽいオレにゃ探し出すまで年単位の時間がかかっちまったぁ。

マイルス聴いて思い出すことの一番は
ベロベロに酔っ払い、明け方釧路川ホテルの屋根裏部屋で聴きながら両足投げ出し、壁に背をつけ
いつの間にか寝てた。
酔いつぶれてたってのが正解だったなぁ。
[PR]
# by nonbe-masa7799 | 2017-03-10 00:03 | | Comments(4)