カテゴリ:レシピノート( 3 )

国策お惣采料理の作り方

d0334413_07081290.jpg
オレんちにある一番古い料理本?薄いページ数なのでノートか?
昭和14年10月1日発行の主婦之友・付録
“国策お惣菜料理の作り方二百種”って国策ってのが凄い!

子どもの頃の雑誌の表紙ってこんな感じだった。





d0334413_07082338.jpg
器も昭和がプゥ~ン。





d0334413_07083200.jpg
漢字にはひらかながふってあり、旧漢字で書かれているのも面白い、
鹽(しほ)・・・塩ダ。
會(とくわい)・・・都会。
胡椒(こせう)てぇな風で面白い、

「何々でしょう」ってのを「なになにでせう」とかオレの知らない昭和の読み書き、飽きないんだ。
今のところ、このレシピ本から一品なんて考えられないが、その内つくってみるかもな。












d0334413_12465547.jpg
赤で囲んだ意味が分からん。
『おちうじき』??








d0334413_07084369.jpg
裏表紙のおねぇちゃん、バッチリ昭和だね。






by nonbe-masa7799 | 2019-01-14 00:00 | レシピノート | Comments(0)

スープ

d0334413_081414.jpg

12月30日娘の誕生日でもある日の夜から31日の朝方までスカイプで長話をした。
その話の中で食について話になって、暑い国で食欲のない時の何かないかなって、
そこで玉ネギの簡単(意外と)スープレシピを教え、それを手抜きアレンジして作ったと送ってきたのがこの写真。






d0334413_0113745.jpg

ネットから引っ張り出したそのレシピメモを取り込んで添付した新聞の折込チラシ裏の書いてたのがこれだぁ。
冷たくしても美味しいんで常夏の国には合うハズ。
ミキサーにかけず微塵きりにしたらしいがこれも有り、真似て作ってみっかなぁ。








d0334413_0193411.jpg

根室ホタテ魚醤を使ってホタテ魚醤鍋のホタテ魚醤鍋。
材料の写ってる写真がねぇ。










人気ブログランキングへ
by nonbe-masa7799 | 2017-01-01 02:40 | レシピノート | Comments(0)

整理中~っ

d0334413_11364572.jpg

大昔から食べた物のレシピや想像して書いたレシピなどのノートが大変な冊になっているので娘が使うかもしれないだろうと思われる料理をまとめている最中。
そんな中このシステムノートの一ページにある誕生日メニューが、なっつかしいですなぁ。

1996年12月30日ってから何年前ダァ?
計算したくないほど時間が過ぎこのページ眺めて作業ストップになっちゃったぁ。






d0334413_11373341.jpg

クソ暑い中セコイ音でCDを聴きながらレシピを選り分けてんのって大変です。

冷やし汁の原点てな故・婆様のもメモってた。
洗濯たらいの小さいような容器に、井戸水を注ぎ右手で味噌を、その手を容器の井戸水ん中に入れガバガバ、
味噌が溶けたらキュウリを薄い輪切りにして投入し冷や飯を盛った三平皿に木のしゃもじでかける。
名前は『冷やし瓜』って言ってた。
それを腹を空かした豚のコッコのようにフガフガいって喰い美味かったんだ、その時は。

いま作って喰ったら『喰えたもんじゃありません!』






d0334413_1138055.jpg

ビール飲んで、汗かいて眺めるレシピ、その時々の事がはっきりと覚えてるってチョとやだねぇ。










d0334413_1138676.jpg

フライをやろうと道具の手入れをしたり酔いが回るとやりだすやな癖はあります。
これを探してた。
半分以上あきらめていて「買いに行かなきゃ」
それがノートやメモした紙などのどっかから出てきたぁ~。
酔ってる脳味噌が「ラッキー」だってよ。

フライラインとリーダーをつなぐジョイントぉです。
虹鱒ですよ。
小粒のユグイも
どっちも喰っちゃう。

この町のこのオレの釣りはキャッチ&喰うなのだぁ。

町を出ると良いカッコしーて言うか『キャッチ&リリース』を実行してる部類に入るんじゃねぇ~。
by nonbe-masa7799 | 2016-09-04 00:00 | レシピノート | Comments(4)