<   2016年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

9月だぜぇ

d0334413_11103681.jpg

[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-30 23:59 | カレンダー | Comments(0)

今日の水揚げ高

d0334413_5593232.jpg

釣り上げながら写真を撮るって難しい、ストラップが写り込んだり長靴の先が写ったりトドタバタ。
本当の目的はモズクガニで鯉用雑穀ブレンド餌をカニ籠に入れ待つ間のヘラ釣り。
小型の鯉も来た。






d0334413_617039.jpg

7匹のモズク、中央の甲羅陥没、ヘラ釣りの針に掛かって暴れ針が何処にって探すも暴れるんで
悪ガキに「静かにしろっ」って拳骨って感じでトングでゴンが強すぎタァ。
陥没!
ンでも生きてる。







d0334413_6173030.jpg

美味しくなさそうなカボチャを与えてみたが、『仲間の甲羅陥没させるし、狭いクーラーボックスに閉じ込め水道水と美味くないカボチャ、やってらんないじゃ!』
と、怒ってンだろう。

美味いオメェ~らが悪いって、
人間ていいよな。



弱ってきたので診察?様子を見ようと割り箸で挟んだのが悪かった。
先が陥没内に入り込んでしまい万事休す。

茹でて茹で汁と一緒に冷凍保存、残り6匹は潰しミキサーにかけザルで漉し身がふんわりクガニ汁。

カニのオレランキングは

一位  モズクガニ
二位  花咲きガニ
三位  タラバガニ
 
     毛ガニは嫌いだ。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-29 06:30 | 遊び | Comments(0)

茗荷・プルーンにスモモとハバ

d0334413_953133.jpg

スーパーで2~3個入りパック売り茗荷を買ってはだいたいどの個数でも1ッ個は冷蔵庫の隅で悪くなって発見される茗荷が『なんてぇ数ダァ!』来た。

塩漬け
味噌漬け
醤油漬け
梅酢漬け
冷凍保存

どれにする。
茗荷のシャキシャキ感と香りが損なわれるんじゃ意味ないし
まず何から試してみる。






d0334413_953878.jpg

大きなビニール袋の中にそれぞれ袋に入った軍手が3個、、1個に12セット、その上に茗荷が乗っかって届いた。
あんがとさん。
軍手は漬け込んだり冷蔵冷凍しなくても長期保存できる。
もしも軍手の塩漬けがあったらどうする?
味噌漬けは、
醤油漬けなら醤油染め軍手で問題なしだ。
梅酢に漬けたら真夏の猛暑日、時々作業する手を休め指を舐め軍手から塩分補給??ねぇ~なぁ。







d0334413_9531463.jpg

プルーン、種を来春蒔いてもう一度挑戦、種植えから苗木にするまでがいい。
一度失敗してるんでもう一度、失敗の原因忘れちゃった。







d0334413_9532032.jpg

小さな桃、スモモでいいのかなぁ。
毎年庭で生るのを虫が半分、オレんチで半分仲良く食べている。






d0334413_1015246.jpg

とかなんとか言ってる間に「ハバネロ置いていきます」
650gあって1個が10gで65個はあることになるんだナ。

庭も豊作でピカピカのプリンプリンだしこれでジャム作れたらなんて馬鹿な事考えちゃう。

動画サイトである国のオーケストラ演奏団員(指揮者も)演奏前にハバネロを生で1個全員食べてから演奏しだすってのがある。
とうぜん徐々に激辛炸裂で悶絶演奏でっせ、こういうのを見るとハバネロやブート・ジョロキアに恐怖を感じ
敬遠されるじゃねぇ。
と思う。
誰か貰ってくんない?
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-28 11:01 | 食材 | Comments(0)

ポークチャップ

d0334413_640129.jpg

疲労回復に豚肉がいいそうだぁって
「ポークチャップ食べたい」んだそう。

トマト系調味料にソースやなんやを混ぜ味見しながらチャップソースを作り時間決めず豚ロースを漬けておく、
漬け時間無制限いくら長時間漬け込んだからってロース肉がガッツリチャップソース味に変る事ねぇ~よなぁって考えなんです。

昆布でダシを取る時に沸騰させたら苦味が出ちゃうって、だったら昆布巻き苦くて喰えないじゃないのか?
ってなアホ丸出しな考えで料理を楽しんでる。

これポークチャップ。







d0334413_6401255.jpg

自分用のポーク辛味噌焼き。

いいなぁ~って呑みこんだ後、熱々味噌汁って口の中が辛さ炎上、次回は味噌に工夫が必要だなぁ~
な激辛赤味噌ポーク焼きでした。








d0334413_6402668.jpg

焼く寸前のチャップソースと辛味噌をおとした肉、そうしないと肉が焼きあがる前に焦げちゃう。

それと返しタレに生姜をすって混ぜ2~30分漬けて焼くトンロースも簡単で美味いぜぇ。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-27 07:41 | 料理 | Comments(0)

淡水料理

d0334413_15322061.jpg

水を張った鍋に五匹のモズクガニを入れたが順調だったのはここまででした。
コンロに火を点けて後方のカメラを手にし振り返ると鍋からバラバラと脱走しコンロと五徳の間を火から遠ざかるように走り回ってんのよなぁ。
カメラをほっぽり出してトングで捕獲さぎょうですよ。
つまんだトングを爪で挟み次を捕まえられない、カニ逃亡に必死、オレ喰う為に必死、だってオメェらの味噌スープ美味すぎるんだもなぁ~って必死。








d0334413_15323589.jpg

一度沸騰している熱湯にモズクガニをほおりこんだことが有った。
どうなったかって言うと足が全部外れちゃったのよなぁ。
カニって急激な身の危険を感じると自発的に足をはずしちゃうらしい、自然界では外した足はまた生えてくるそうです。
で水に入れ徐々に熱し沸騰させ茹でると五体満足で茹で上がる。







d0334413_15324581.jpg

薬湯温泉に浸かって血行良くなり赤くなっているカニじゃないのだぁ。

茹で上がりカニから出たカニの旨み汁、これにじゃが芋と赤味噌で美味いウメェ~モズクガニの味噌汁になるって訳ぇ。







d0334413_1715658.jpg

じゃが芋にもカニ出しと赤味噌がいい按配に染み込んで美味いんです。
これに少しの七味唐辛子を振って飲む、一口一口うなっちゃう。
「グァ~美味ぇ~」








d0334413_17175254.jpg

鮒も一匹持ち帰って甘辛く煮てみた。
家のモンに黙って食べさせると「あっ、美味しいなんて魚?」

「鮒だよ」

「げっ!」
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-26 00:00 | 料理 | Comments(0)

鯉とモズクガニ

d0334413_16544074.jpg

白鳥観察がてらにヘラ釣り、そのうち白鳥の事忘れ釣りに夢中。
竿を合わせると胴体が上がり穂先(竿先)が水面までグインと下がっちゃったぁ。
『ヘラじゃねぇ~鯉ダァ』
並み繋ぎ高級ヘラ竿が伸され
「ヤッバァ~」
二度、三度と糸がピッピッと鳴る、伸される。
タモ網は車のケツだし
仕掛け古く道糸細い
ドォ~すんのよ。
でもあげた。








d0334413_1655183.jpg

ヘラの餌を横取りしようと針に引っかかったモズクガニが5匹、じゃが芋とコンビになってもらい味噌汁。
茹でガニにすると旨みが茹で湯に出ちゃうんで味噌汁と蒸しガニにし汁やカニ味噌と身っこを手と口回りを汚すだけ汚して喰うのがいい。
味噌は上品でオレの喰ったカニの中じゃモズクガニの味噌が一番ンだねぇ。







d0334413_20432566.jpg

明日料理しようと大きなクーラーボックスに入れていたら酸欠?
体を横にしていた。

で、急きょ3枚に下ろす。
その前に計測すっと丁度食べごろナ40cm(本当は41cm)アラは煮て煮て更に煮て骨もホロホロと柔らかくなるまで煮てアラ汁。

何処からともなく
「鯉コクが食べたい」て声がする。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-24 00:00 | 食材 | Comments(0)

超激辛赤味噌

d0334413_14503280.jpg

昨日届いた43個のハバネロ洗い水分を拭き取って種をとる。

庭で栽培しているハバネロとブート・ジョロキアも豊作で少し貰ってくれる人を探さなくちゃなぁ。

なんたって超辛いイメージがこびりついているのか貰い手少ないっていうかオレの回りにはゼロォ~。

そこでソース、ペースト、ニンニクと塩を加えたペースト、醤油漬け、ピクルスと品数揃え美味しい辛さを楽しんでる。
前回、ハバネロとニンニクと赤味噌を作って豚ロースに塗り一晩放置し焼いて喰った。
これが予想外に辛さ控えめでバッチリピンポォ~ン。






d0334413_14522078.jpg

種の良い所は来年用に取って乾燥させ保存、後はミキサーで木っ端みじんにした。
換気扇フル回転、窓は開けそれでも辛味が空中を飛び回ってるらしくて咳込むし鼻水止まらない、テッシュー詰め込んでチョッと苦戦。






d0334413_14525615.jpg

ボウルに移し赤味噌を入れ混ぜこねる。







d0334413_1453284.jpg

ハバネロ43個の木っ端みじんに味噌だけ加え混ぜる。
こね回す。
ジブロックに300g入り二つと“若作り塩辛”容器に1個出来上がった。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-22 00:00 | 保存食 | Comments(0)

生きてるぜっ!!

d0334413_1635684.jpg

そそくさとありあわせの弁当詰めて久々のつり場へ直行ォ~。
中華サラダ
味卵焼き
激辛バジルペーストウインナー

ゴーヤの佃煮
大葉の韓国漬け
梅干し

色合いとか言ってらんない特急弁当、飯はチ~ンの“さとうのごはん”ワンパック。






d0334413_165365.jpg

ワァ~オ!
あの羽を骨折して北へ帰れないあの白鳥じゃねぇ。







d0334413_1652510.jpg

ズームアップすると右側がぁ、
あの白鳥だ。

最初発見した時には親ときょうだい白鳥の三羽だった。

親は旅立ち二羽の子白鳥が残ったのよなぁ。
去年は見つけれなかった。
もうキツネやアライグマにでも捕食されたろうと思っていたら二羽揃って生きていんじゃぁ。
それも飛べるオスかメスか分らないがきょうだい白鳥が一緒にだぁ。

これがオレの兄妹だったら
骨折がオレ?置いてきぼりにされ孤独死待ち、
逆だったらばぁ、オレさっさと置いて飛んでっちゃってる。
思い出す事もなく生を謳歌してるな。







d0334413_1612149.jpg

2013年11月26日の骨折白鳥です。

生き延びてるこの白鳥も凄いが、付き添ってる兄妹白鳥の家族愛ってのかぁ、凄い!
白鳥の爪の垢煎じて???
白鳥に爪あったっけ。







d0334413_16233313.jpg

白鳥見ながら釣りをしていると近く(そんな雰囲気)に住んでいそうなオッサンが現れ
「釣れる?」
「今日は白鳥いないのかな」
「右の羽折れてるんだ、食パンやってるから寄ってくる」
「ここモズクガニとれるんだぁ、みんな逃がしてやるんだけどサァ」
などと一方的に話しだすんだ。

「モズクガニ美味しいよなぁ」って言うと

「エッ!喰うの!!」
そう言って車の中の人に
「モズクガニ喰うんだってよォ~」

ケェ~~っ!!
だったのだぁ。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-20 00:00 | なんてぇこったい! | Comments(0)

林檎と青いトマト

d0334413_559432.jpg

小さかった娘と食べた国光と言う名の林檎の種を鉢のすみに植えた。
それが4~5年前に1個の花を咲かせ、次の年からその数が増えて今年は満開一歩前状態で実も付いた。
割れたり虫に喰われたのも数個と無事だった7個。

試食の結果感想は

硬い。
かすかに感じる林檎の味。

結果、形は林檎でもほのかに感じる林檎な少し軟い木の木っ端ぁ~。

でした。







d0334413_601858.jpg

畑のトマトをかたずけるんだろうなぁ。
「青いトマト持っていきます」

最後の赤くなれないトマトをピクルスにするので棄てないで「くれぇ~」って頼んでいたのを忘れていた。
どんだけ大量にと不安だったが少量だったので安心“ホッ”。

ズッキーニ1個とゴーヤ2個、丁度いい量だ。








d0334413_602485.jpg

「スイカいらネェ~ぇ?」ってカラオケやさん。
なんでもスイカ農家さんが
「傷ついたり形の悪い売り物にならないスイカが畑にゴロゴロある。欲しかったら好きなだけ持っていって」と言うことで車に積み込めるだけ積んできたってことらしい。

貰った2個のスイカ眺め出る溜め息、だったら貰うなって事なんだが何故か貰っちゃう貧乏性なんでしゃ~ないか。
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-19 07:00 | | Comments(4)

目的のキノコがねぇ~!

d0334413_16171450.jpg

毎年行っている林にキノコを求めて行ってみたが狙うキノコはその兆しも無いゼロだった。
キノコのアルビノ?ってなのが足元に生えてるくらいだ、気候のせいでまだはやいのかもなって藪を越えて帰ってきました。
畜生メっ!








d0334413_16175371.jpg

かき分けかき分け進んできた藪、オレの背丈より高い所もあって、子供用ストックを振り回しここまで出てきたぁ。








d0334413_1617588.jpg

これから進む藪、完全に背丈より高い、顔に蜘蛛の巣がぁ~。

スズメバチ対策にと年齢に不釣合いな(同年代の回りの人)赤いオーバオールにオレンジ色のキャップでキノコ専用チャリで行ってきたぁ。

来週もう一度行くぜぇ。








d0334413_16241746.jpg

庭で見つけた初でメチャちっこいキノコ、名前付いてんのかな?
[PR]
by nonbe-masa7799 | 2016-09-16 00:00 | 山菜 | Comments(0)